乳幼児の夜泣きについて

乳幼児の夜泣きについて



とっても可愛らしい赤ちゃんですが、時にパパやママを困らせてしまうこともあります。特に、生後3ヶ月から1歳後半くらいまでの悩み事として、多くの親御さんが「夜泣き」に悩まされています。中には、泣き止まない我が子の相手をしていて、まったく夜眠ることが出来ず、フラフラになってしまったというお母さんの声を聞くこと多くあり、どの家庭でも赤ちゃんの夜泣きの対処に困っている様子を伺い知ることが出来ます。
では、何故赤ちゃんは夜泣きをしてしまうのでしょうか?これについては、生まれてからの期間によって、理由が別れるとの研究データが確認されています。
まず、おおむね生後3ヶ月~1年未満程度の乳児期前半については、空腹やおむつが濡れたなどの身体の変化によって、赤ちゃんは夜泣きをしてしまう模様です。つまり、「お腹が空いた」や「おしりが濡れた」という、パパやママが状況に対応することで軽減・解消が可能な原因です。
この期間であれば、ミルクをあげたりオシメを交換したりすることで機嫌を直してくれることが多いのですが、これが生後1年~1年後半くらいの夜泣きになると、ちょっと事情が違ってきます。
この時期は、昼間に経験した刺激や、ストレスなどの精神的な原因によって、乳児は夜泣きしてしまうとのデータが発表されています。
もちろん、乳幼児といっても性格はそれぞれ違うため、一概に原因を決められるものではありません。大切なことは、親の側が夜泣きに振り回されて一喜一憂するのではなく、夜泣きも正常な成長過程の一つと、ゆったりと落ち着いた気持ちで受け止める余裕を持つことです。パパやママが落ち着くことで、例え言葉はまだ話せなくとも、雰囲気が赤ちゃんにも伝わり、気分を落ち着ける下地になってくれます。
それには、じっくりと腰を落ち着け、可愛い我が子に付き合うという気持ちで触れ合える環境を整えることも大切です。